プラセンタ注射を受けているときの献血について

プラセンタ注射を受けているときの献血について

プラセンタは胎盤エキスと呼ばれるもので、赤ちゃんのようなきれいな肌を求めて美容目的で取り入れる人が増えています。

 

美容外科などでこの注射を受ける事が出来ますが、この時、献血を控えるように注意を受けます。
この理由は、人に由来する臓器などから作られている成分だからです。

 

プラセンタを含んだ血液が人から人へ繋がっていく時に何等かの異常をもたらす可能性が0ではありません。
もちろん特別な感染症が出たというような報告は今のところありませんが、念のためという意味での決まりです。
プラセンタ注射をしているのかそうではないのかというのは見た目には分かりませんから、誤って献血を受けてしまう事もあるかもしれません。
しかしそれが問題で人に迷惑を掛ける可能性が少しでもあるわけですから、しっかり注意して規則を守る必要があるでしょう。

 

注射だけではなく、健康食品やサプリなどに含まれている事がありますが、口から入ったプラセンタが血液に混ざって運ばれる事はありませんから、これについては規制の対象とはされていません。
無害ではあっても身体に入れるものですから様々な注意をしっかりと把握して安全に取り入れる必要があるのではないでしょうか。